« DAHONのゴリゴリ音 | トップページ | 羊の皮を被った狼ママチャリ »

2007年4月 1日 (日)

3年ぶりに帰ってきた盗難自転車

DAHONの折りたたみ自転車を購入してから、自転車に興味を持ち始めた頃、会社に一通の手紙がやってきました。

3年ほど前に盗まれた会社の自転車が、駅の放置自転車として撤去され保管されているとの通知が来たのです。上司に相談すると、古いし保管料を払ってまで引き取りしなくてもいいんじゃないかというので、私が貰うことにしました。

保管所に行き自転車の状態を見て乗れそうだったら引き取ることにし、とりあえず保管所に出向きました。行ってみると、自転車は以外にきれいで、おまけにステンレス製の新しいカゴまで付いていました、別の後輪ロック鍵が付けられていましたので、盗んだ人間は自分の自転車のように乗っていたようです。保管所の係りの方に鍵を切ってもらい引き取ることにしました。

保管所には初めて行ったのですが、ここにはたくさんの撤去された自転車があり、係りの方の話では引き取りに来る人は約3分の1程度だそうです。中には私のように盗難された自転車も多いのかも知れませんね。運良く防犯登録が剥がされていなかったのが幸いしたようです。

帰り道運転していると、ハンドルポストが曲がっているのに気が付きました。交換しないといけないな・・・・。リアディレーラーの故障したブリジストンのトランジットの部品が使えそうだなとか思いながら修理お金をかけずに修理する方法を考えていました。

そう、ここから新たなるママチャリ改造への道が始まるのでした。続く・・・。

Mamatyari

|

« DAHONのゴリゴリ音 | トップページ | 羊の皮を被った狼ママチャリ »

ママチャリ改造」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208720/14489887

この記事へのトラックバック一覧です: 3年ぶりに帰ってきた盗難自転車:

« DAHONのゴリゴリ音 | トップページ | 羊の皮を被った狼ママチャリ »