« 古いロードの再生第二号 | トップページ | DAHON JetStream P8にポジションチェンジャー装着 »

2007年4月23日 (月)

DAHONペダル交換

昨年の8月、会社の先輩とDAHON&KHSの二台で高野山へ輪行サイクリングへ

きっかけは、「高野山は気持ちいいよ!」と人から聞き計画、

片道20kmを目安にして九度山駅を下車、早速サイクリングのスタート。

スタート直後から坂道が続き、ひたすらローギアで漕ぎ続けました。行けども行けども永遠に曲がりくねった坂道が・・・・。そう私はゴールの高野山までの高低さなど全く考えていなかったのです。途中で飲み物も無くなり、引き返して電車にもう一度乗ろうかとも思いましたが、自動販売機のあるところまでがんばろうということに、しかし山の中の道、自動販売機など一切見えない。

ようやく永遠と続く坂道を10km来たところで視界が開け、自動販売機が!とにかく休憩!時計を見るとスタートから約2時間が経過していました。横のガソリンスタンドで近くの駅の場所を聞き、紀伊細川駅へこの駅は極楽橋から2駅手前の駅でした。紀伊細川駅から極楽橋へ極楽橋からケーブルに乗り継ぎ高野山にようやく到着。夏だと言うのに高野山は、すがすがしい風が吹きとても気持ちがよかったです。

一通り高野山観光をし、岐路へ。帰りは永遠と下るのみ、渋滞する車を追い越しながら時速40kmで走行、やっと、「高野山は気持ちいいよ!」を体感することが出来ました。あっという間に、上ってきた道を駆け抜けてしまいました。

帰り道、漕ぐ度に何か周期的にコツ、コツ、と言う異音がペダルから聞こえます、永遠と続く10kmの坂道を力いっぱい漕いだ為?やはり折りたたみのペダルは剛性が悪いのか?

後日、ペダルを交換することに、いろいろ検討の結果TIOGAのシュアーフットコンパクトにしました。感想は、軽くて小さくまた、剛性感もなかなかいいと思います。折りたたみの際にもDAHONのスリップカバーを使っていますがあまり気にはなりませんでした。

Tioga_1

にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

|

« 古いロードの再生第二号 | トップページ | DAHON JetStream P8にポジションチェンジャー装着 »

DAHON」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古いロードの再生第二号 | トップページ | DAHON JetStream P8にポジションチェンジャー装着 »