« ピスト風ママチャリ | トップページ | 古いロードの再生第二号 »

2007年4月12日 (木)

ロードマン?再生

DAHONの折りたたみ自転車を購入してから自転車に興味を持ち始め、ママチャリ改造にはまり、第一号車「ヨーロピアン風ママチャリ」第二号車「ピスト風ママチャリ」を完成させ、次は古いロードの再生をする事に。

兄が何か30年くらい前の古いロードを持っていたので、綺麗にしてあげるといって自転車を借りることにしました。車種はブリジストンのロードマン?多分・・・・。

綺麗に乗っているイメージだったのですがよく見ると、スポークやハブ、メッキ部分、アルミの部分も白く錆びている状態、スプロケットは油と泥が間に歯と歯の間にぎっしりと詰まっていました。

走るには別段問題は無く、変速もいたってスムーズ。

とりあえず、ホームセンターへ行き、錆び取り、アルミクリーナなど購入。

一日ワンパーツを目安に、毎日毎日、今日は前ブレーキ、次の日は左クランクと少しずつ部品を外し錆び取りを塗り磨く、錆び取りを塗り磨くという繰り返しの毎日を過ごし、ずいぶん綺麗になりました(元がひどかったからね・・・・・)リムはステンレスで錆もなく比較的きれいでしたが、スポークはかなり錆びていましたので交換することにしました。後輪のスプロケットを外す工具が無かったのでサイクルショップの「Tubi」に持ち込み外してもらい、新しいスポークを購入。

車輪をばらし、再びハブの錆び取り作業、塗っては磨く、塗っては磨く、塗っては磨く、塗っては磨く・・・・・・・・・・。結構、錆びがひどかったのでかなり時間が掛かりました。錆び取りに一応区切りをつけ、後日、車輪組み作業に、ママチャリ改造、第一号車、第二号車で経験済みだったので難なく作業終了、またまた「Tubi」に持ち込み振れは取ってもらいました。

兄がハンドルをストレートバーに変更していたので、ドロップハンドルに交換することに、サイクルショップでダイヤコンペのブレーキレバーと中古のステムとハンドを購入、またまた「Tubi」に持ち込み、ブレーキワイヤーとバーテープを取り付けてもらいようやく完成!

Photo_4 完成してまもなく、兄から「そろそろ返して」と言うTELが入った、「やっぱり返さないといけないのか・・・・・このままあわよくば乗っておこうと密かに思っていたのに・・・」とはいえ、やはり兄の物なので返しに行くことに、兄の家へ持っていくと自転車を見るなり兄は「えー!ドロップにかえたんかー!乗りにくいのに!まーしゃーない」と少し怒り気味に言われました。私は無言で自転車を置き家へ帰りました。 1ヶ月に渡る「ロードマン?」再生の道は兄のこの言葉で、あえなく終了。そういえば兄に自転車の車種を結局聞かずじまいでした。誰か知っていれば教えてください。

ロードはあきらめ、そろそろDAHON号でも改造しようかと思っていたところ、得意先の人から「いらないパナソニックのロードがあるんだけど、よかったら乗る?20年くらい前のだけどね・・・」という、うれしい話があり、貰うことになりました。20年前か・・・・、でも鉄の塊「ロードマン?号」より新しいか!

よし!次は「パナ号」再生への道だー!

続く。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ

|

« ピスト風ママチャリ | トップページ | 古いロードの再生第二号 »

ロード」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208720/14641930

この記事へのトラックバック一覧です: ロードマン?再生:

« ピスト風ママチャリ | トップページ | 古いロードの再生第二号 »