« 3年ぶりに帰ってきた盗難自転車 | トップページ | ピスト風ママチャリ »

2007年4月 5日 (木)

羊の皮を被った狼ママチャリ

3年ぶりに帰ってきた盗難自転車の27インチシティーサイクルを修理改造することにしました。目指すイメージは「ヨーロピアンなママチャリ」 

Photo_1

まずは不要なものを取り外します。

泥除け、前カゴ、チェーンカバー、スタンド、ダイナモライト、これだけを外すだけでかなり軽くなったような気がします。特にスタンドとダイナモライトが小さいわりに以外に重たかったのが予想外でした。

これだけ外しただけでもかなりシンプルで、ママチャリお買い物車というイメージががらりと変わります。

次に鉄の各部品を、アルミ部品に変更し軽量化を考えました。

まず、潰れたブリジストントランジット700Cから流用できるもの。

(ステム、クランク、前後輪、ブレーキ)

新たに購入するもの

(シートポスト、ハンドル、ブレーキレバー、ペダル、サドル、アルミスタンド)

早速、部品をさがしに色々な自転車屋をまわることに。

色々近所の自転車屋をまわってみましたが、町の自転車屋では私の考える、ちょいと洒落たパーツの調達はなんだか難しそう・・・・。

近場のスポーツ車専門店をネットで検索し、店を回ることにしました。ペダル、サドル、アルミスタンドは手ごろなものが直ぐに見つかりましたが、シートポストが私のイメージするものがありませんでした。たまたま東急ハンズに行くことがあったので、自転車コーナーをのぞくと、いい感じのシートポストを発見、喜び即購入。しかし思わぬことが・・・・・。

帰宅し早速取り付けにかかりました。しかし

!!入らない!!そうですシートポストには、細かい太さのサイズ規格があったのです。全く無知な私は、なんとなく目分量で細そうなものを購入したのでした。

Kalloy_ritchey_post_slv 次の日、再び東急ハンズに行き事情を説明して返品させてもらいました。ハンズさんごめんなさい。結局シートポストは自転車屋さんで太さを測ってもらい、KALLOYというメーカーのシートポストを取り寄せしてもらいました。

あとは、ハンドル、これが以外にママチャリに合うのアルミ製のものが無い。少し妥協してACORというメーカーのハンドルバーにしました。

これで部品が一通り揃いましたが、最後に難関が、後ろのブレーキをどうするかということ。単純にブリジストントランジット700Cから流用出来ると思っていたのですが、ママチャリには後ろのブレーキを付ける穴が無く、ローラーブレーキというものがハブの左側に付いているのです。これを使用するしか方法がありません。

そうや!ママチャリのこのハブに700Cのリムを付ければいける!見たところ27インチのママチャリリムと700Cのリムを比べるとほぼ一緒の大きさ、なんとかいけそうです。しかしスポークはどうやって外すんだろうか?ネットで検索しホイールの組み方を調べましたがちんぷんかんぷん、ニップル回しという工具がいることだけはわかりましたので工具を購入。ばらす前に、ママチャリのホイールを写真に撮っておき、写真を見ながらその通りに組むことにしました。

一度めは片面が終わった時点でそうとう曲がった状態になり失敗。また最初からすることに、2度目はなんとなくわかりはじめ、スポークを編んで行く感じですると、以外に簡単に出来ました(振れは取れてませんが・・・)。かかること3時間、やっと完成!出来上がったものを眺めて少し感動!自分なりににうまく出来たと思います。

後日、自転車屋さんに持ち込み振れ取りをして貰い、各パーツを取り付けいよいよ改造ママチャリ第1号の完成です。

P1010009

P1010003_3

自分では、大変満足しています。作成過程は実寸大のプラモのようでとても楽しかったです。前のギアが46Tなので漕ぐのがとても重いのですがスピードがとても出ます。内装3段のトップに入れるとさらにスピードアップ「羊の皮を被った狼ママチャリ」と呼んでください、でも非力な脚力ではやはり羊のままかな・・・。

で、次なる計画はママチャリ改造2号車「ピスト風ママチャリ」へと続きます。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

="http://cycle.blogmura.com/img/cycle88_31.gif" border="0" />

|

« 3年ぶりに帰ってきた盗難自転車 | トップページ | ピスト風ママチャリ »

ママチャリ改造」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

はじめましてi(い) と申します。私も27インチのリムを700Cに交換したいと思い、検索でこのブログにたどり着きました。
規格では両者には内径で6mmほど差が有り700Cのほうがスポーク長が3mmほど短いと思いますが、実際にはどのくらいの差だったのでしょうか?リム側にスポークが突き抜けワイヤーカッターで切らなければならないとか、ねじ山のストロークが足りなくなりニップルが回らず、締められないということも無く交換できたのでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: i(い) | 2007年10月 2日 (火) 13時26分

★i(い)さん
はじめまして、
スポークの長さの件ですが、
私のママチャリの原型は、普通の27インチアルミリムにシマノ内装3段、変更したリムは古いアラヤの700Cアルミリムで、スポークはそのまま使用しました。
私の場合は700Cのリムと27インチのリムの内径が、たまたま一緒だったのでスポークの長さを気にすることなく取り付け出来ました。リムの形状によって内径が違うと思いますので、ハブとリムをショップに持って行き、スポークの長さを計算してもらい、長さにあったスポークを購入しないといけないと思います。

投稿: tama玉 | 2007年10月 3日 (水) 12時58分

早速の返信ありがとうございます。
現物合わせで合えばめっけものという感じですね。
ありがとうございました。

投稿: i(い) | 2007年10月 3日 (水) 14時22分

はじめまして
今、私が乗っている自転車はシティサイクルで軽量化を加えています

700cを入れたくて自転車のアサヒさんに持っていったところ無理と言われてしまいました

それでもあきらめ切れないのでアドバイスをしていただけませんか?
後700cを入れるとどのくらい費用がかかりますか?
よろしくお願いいたします

投稿: challotte | 2011年6月16日 (木) 21時47分

★challotteさんへ
はじめまして
私の場合、上の記事の自転車は、前輪は元々違う700cの自転車の物をそのまま交換しました。
後輪はリムだけをママチャリ27インチのリムから700Cのリムへと交換しています。
たまたま持っていた700Cのリムと27インチの大きさが合わせた所同じ大きさだったので、自分で組み替えました。
現在は、後輪もロードホイールに換え、ブレーキの台座を自作し取り付けています。
あくまでも自作なので、安全性は?ですが、問題なく乗っています。
ホイールは色々値段が違うので、ショップなどのホームページで調べてください。
今シングルフリーなどのホイールもあるのでそのまま使えるかもしれませんね。

ホイール以外に、タイヤ、チューブ、リアブレーキ本体、チェーン、クランク、ワイヤー、アウター等購入も必要です。

重量は、スタンド、荷台、カゴなど外しただけでもかなり軽くなります。
あとは、シートポスト、ハンドル等のアルミ化、サドル交換など。

私は頂き物のパーツで、あまりお金をかけず組みましたが、色々買う事を考えると、完成車のクロスバイクを買った方が値段的には無難かなと思います。

クロスバイクのママチャリ化の方が安上がりかもです。

ママチャリを2台改造した私が言うのもなんですが・・・・coldsweats01

また何かあればいつでもどうぞ!
私で判る事であればご協力させてもらいます。


投稿: tama玉 | 2011年6月19日 (日) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208720/14502509

この記事へのトラックバック一覧です: 羊の皮を被った狼ママチャリ:

« 3年ぶりに帰ってきた盗難自転車 | トップページ | ピスト風ママチャリ »